基本的な症状|脳動静脈奇形は専門のクリニックでしっかりと治療できる!

基本的な症状

医者

脳からの出血

脳動静脈奇形の症状で最も多いのが脳出血です。基本的に脳動静脈奇形と診断された方の50パーセントから60パーセントの方が、脳出血だと言われています。脳出血が起こってしまうと、死に至る確率が高まってしまうでしょう。脳出血が起こった方の10パーセント程が死に至っていると言われているのです。外見からは分からないので、とても恐ろしい症状といえます。

痙攣発作

脳動静脈奇形の場合、痙攣発作を起こしてしまう方も多いと言われています。手足が震えるようになるのが、痙攣発作です。始めの内は手足の震えですが、段々と全身に広がっていきます。また、突然体が硬直し、倒れてしまうこともあるでしょう。全身が激しくガクガクと震えてしまうこともあります。頻度は一定ではないので、痙攣発作には注意しておきましょう。

片頭痛や精神症状

脳出血や痙攣発作に比べると少ないですが、片頭痛や精神症状が現れることもあります。頭の片方だけ傷むこともあるのです。このような痛みがあれば、すぐに専門の医療機関を受診しましょう。早期発見がとても重要な病気です。また、精神症状が見られることもあります。精神科や心療内科を受診した後に、脳動静脈奇形が発覚するパターンもあるでしょう。

症状が現れたら

上記で紹介したように、脳動静脈奇形の症状が現れたらすぐに病院に行くようにします。病気の疑いがあるのなら、すぐに検査することが大切なのです。早めに検査を行わないと、手遅れになることもあるので注意しておきましょう。

広告募集中