医療機関の選び方|脳動静脈奇形は専門のクリニックでしっかりと治療できる!

正しく選ぶ

しっかりとした治療を受けたい場合は、専門の医療機関を正しく選ぶ必要があります。選び方をチェックしておきましょう。また、ランキングも参考にしておくのがおすすめです。

動脈・静脈の病気ランキング

no.1

大動脈瘤

1位にランクインしたのが大動脈瘤です。基本的に動脈硬化や加齢によって、大動脈瘤が発生します。血管が膨らんでしまい、膨らんだ部分が破れてしまうこともあるのです。

no.2

大動脈解離

2位にランクインした血管の病気は大動脈解離です。基本的に血管が裂けてしまいます。症状が悪化すると、心臓が圧迫される心タンポナーデという状態になるので注意です。

no.3

深部静脈血栓症

長時間同じ姿勢を取っていると、静脈内に血栓ができてしまうことがあります。3位には深部静脈血栓症がランクインです。エコノミークラス症候群とも呼ばれています。

no.4

下肢静脈瘤

女性に多い血管の病気が4位にランクインです。基本的に女性の20パーセント程が下肢静脈瘤になっていると言われています。重度の下肢静脈瘤なら、手術が必要でしょう。

no.5

末梢動脈性疾患

手足の先など、末梢動脈で起こる動脈硬化が末梢動脈性疾患です。ランキングでは5位にランクインしています。手足が痺れたり、冷たくなったりする病気です。

医療機関の選び方

頭を押さえる人

医療設備が充実している施設

脳動静脈奇形の検診を行う場合、MRIやCTなどの特殊な器材が必要となります。このような器材をしっかり備えている医療機関であれば、問題なく検査することができるでしょう。設備について調べておくのも重要です。

治療後や術後のケアも考える

脳の病気の場合、リハビリが必要となる場合があります。医療機関を選ぶ場合はリハビリテーション施設があるかどうかも確認しておきましょう。効果の高いリハビリを行なえます。

症例実績から選ぶ

医療機関のホームページなどから、手術の症例などを調べてみましょう。手術の症例をチェックしておけば、安心してその医療機関を利用することができるでしょう。症例が多ければそれだけ参考になります。

広告募集中